• HOME
  • >
  • news
  • >
  • 延滞を起こしたら信用情報機関に金融事故として記録される
  • 延滞を起こしたら信用情報機関に金融事故として記録される

    news

    ローンやクレジットカードなどは決められた期日に支払いをする約束になっており、それを守ることができなければ延滞として扱われます。ただし、支払いの遅れは3ヶ月程度ならば、金融機関の内部で処理をしてくれるので、金融事故と報告されずに済みます。だから、支払いに遅れてもいいというわけではなく、社内の情報は残っているのですから何度も約束を破れば、そういう人間だと認識されてしまいます。そうなれば、新たに支払いの遅れが起きたときには、猶予をしてくれずに記録されるようになります。

    では、もし、延滞をしてしまったときには、どのような影響があるのかというと信用情報機関に金融事故として記録されます。信用情報機関が集めている個人信用情報は、ローンやクレジットカードの申し込みが行われたときに、審査の材料として使われるものです。ですから、延滞を起こしたという事実は審査にとってはマイナスの材料になるので、場合によっては不合格となる可能性があります。

    そんな信用情報機関には全国銀行信用情報センター、CIC、日本信用情報機構(JICC)という3種類があり、それぞれに加盟する金融機関が異なります。では、1つの信用情報機関に記録されたとしても、そこに加盟していない金融機関を利用するときに影響がでるのかというと、残念ながら影響があります。なぜなら、各信用情報機関では基本的な情報を共有する取り決めになっているので、1つでも記録されたらすべてに記録されたのと同じです。

    ただし、金融事故の記録は永久に残るわけではなく、一定の期間が過ぎれば記録が消されます。大抵の場合にはおよそ5年くらい経てば、金融事故があった過去が消えるので審査ではマイナスの材料がなくなります。確実に、金融事故の記録がなくなったことを確認したいときには、信用情報機関に開示請求をすると良いでしょう。インターネット、郵送、窓口など都合の良い方法で申し込めます。手数料はかかりますが、安心してローンやクレジットカードの申込みができるようになるのですから、必要なお金です。