• HOME
  • >
  • 審査の甘い消費者金融
  • >
  • 消費者金融の審査基準は借入限度額にもよるが収入の安定性が重視される
  • 消費者金融の審査基準は借入限度額にもよるが収入の安定性が重視される

    審査の甘い消費者金融

    急にお金が必要になったとき銀行で借入することは難しいものでも、消費者金融なら何とかなるかもしれないと思う人も多いのではないでしょうか。
    消費者金融で借入するとき、今の収入や審査基準に通るかどうかが心配になります。
    申し込み方法には、直接お店に行かなくてもネットや電話、無人契約機などでできます。

    審査基準では、個人情報を点数化して、書類を審査員が目視で整合性をチェックします。
    スコアリングで点数が高ければ返済能力が高いということで審査基準を満たします。
    収入面では低いより高いほうが借入しやすいですが、低いからといって必ずしも審査基準を満たさないということはありません。
    収入が100万円無い方でも借入できている人はたくさんおられます。

    それより高い収入で審査基準に落ちてしまう人とそうでない人の違いは収入の安定性です。
    このようなことが一般的な消費者金融の一連の流れですが、ネット上には無収入の人でも借入できる、
    審査基準が甘いランキングが紹介されています。それらはどうなんでしょうか。
    審査基準が甘い消費者金融もあります。
    いろいろな消費者金融で借入することができなかった人でも、
    まだあきらめる必要はないと書かれていますが、問題はないのでしょうか。
    金融機関はお金を貸さないと利益をあげることができないので、
    そのような方でも他の消費者金融より借入しやすくして、経営を成り立てています。
    大手やあまり有名な会社ではないかもしれませんが、闇金融ではないので安心です。

    会社などで高額な借入を必要とする場合は、審査基準はそれなりに厳しくなっていますが、
    個人で月末お金が足りない、急な出費で現金が必要、
    そのようなときに便利に使えるキャッシングやカードローンなら
    ネットですべてが完結でき誰にも知られることなく利用することができます。
    今の消費者金融では、無収入の人は、ほぼ借りることは難しいです。
    自分の収入と返済のことも考えて、生活に悪影響が出ない範囲で借りましょう。

    消費者金融で借入を希望する際には、審査基準の一つに在籍確認があります

    消費者金融で借入を希望し申し込みを行った場合には、審査基準の一つとして在籍確認を行う必要があります。
    在籍確認とは、消費者金融に申し込みをした人に本当に返済能力があるのかを確認するための審査の一環です。
    基本的には申込者が勤務している職場に電話連絡をする形で行われることになるでしょう。

    勤務先に消費者金融から電話が来た場合には、お金を借りることがばれてしまうと心配になる人も多いかもしれませんが、
    ここで特に心配する必要がありません。
    この在籍確認は、申込者のプライバシーに配慮して行われることから、
    電話連絡が原因となりカードローンを利用することを知られる可能性はほとんどありません。
    それでも電話連絡が不安だという場合には、中には電話連絡なしで契約ができる消費者金融もあることから、
    そちらを利用するようにしましょう。

    なぜ消費者金融が申込者の勤務先に在籍確認の電話連絡をするのかというと、
    本当に申告した勤務先で働いているのかを確かめるためといえます。
    申込者が申込書に記入した勤務先で本当に勤務しているかどうかはわかりません。
    場合によっては大企業に勤めていると虚偽の申請をして、高額な融資を受けようと考えていたり、
    無職なのにもかかわらず、勤務しているとうその情報を記載している可能性もあるでしょう。
    収入のない人に対しお金を貸した場合には、返済されなくなってしまい、
    返済がなされないということは消費者金融側にとっては大きな損害になり痛手となります。
    そのため審査の一環として在籍確認がおこなわれるのです。

    実際にどのような内容で行われるのかというと、電話連絡は個人名で行われます。
    また非通知でかかってくる特徴があり、申込者以外には用件を話さないので、
    電話連絡が原因となり周囲にばれる可能性は低いと言えるでしょう。

    この在籍確認が無事に終了してから、実際に借入ができるということを覚えておきましょう。
    心配な場合には、クレジットカードを作ったからなどというように、落ち着いた態度で対応することが大切です。

    消費者金融の借入審査基準には他社からの借入状況も含まれる

    消費者金融で借入の審査を申し込むのであれば、審査基準に他社からの借入状況も含まれていることを知っておく必要があります。
    借入総額を制限する総量規制という制度があり、これを超える借入金額を希望することはできません。
    年収の3分の1までに設定されており、これを超えてしまう場合は年収が高い場合でも審査に通ることが不可能です。

    たとえば、年収600万円の人であれば200万円まで借入を行うことができますが、
    複数のサービスで借りる場合でも200万円までであることを知っておきましょう。
    1つ目のサービスで150万円を借りているのであれば、新しく審査を受ける場合は50万円までしか希望することができないです。

    正直に伝えなければバレないと考えるかもしれませんが、
    消費者金融同士で情報を照会することが義務づけられているので、
    自分から申請しなければバレないというものではありません。

    抜け道を考える人もいますが、しっかりと総量規制が適用されることになると理解しておくべきです。
    そして、借入状況を照合されたとしても年収の3分の1におさまっていれば審査に通ると思っている人もいますが、
    これは間違った考えだと言えます。
    総量規制をクリアしていたとしても、
    利用しようとしたサービスで返済能力がないと判断されてしまうと審査に落とされる可能性が高いです。
    お金を貸す側としては、返済能力がない人にお金を貸したくありません。

    回収に時間がかかったり、トラブルの原因となったりする恐れがあるので、
    こうした問題が起こらない返済能力のある人にお金を貸すようにしています。
    借入状況を照合した結果、総量規制を超えてなくても審査に通らないこともあると理解しておきましょう。

    消費者金融で借入審査を受けるのであれば、他社からの借入状況も確認され、総量規制を超えてしまう場合は問答無用で落とされます。
    照合結果が問題なくても他に不安要素がある場合は審査に通らないので、こういった事情を知った上で申請を行うようにしてください。

    消費者金融で借入を希望するときの審査基準には返済できるかということも含まれている

    消費者金融で借入を希望するときには審査を通過する必要があります。

    ブラック入りしていなければ借りることができると考えている人もいますが、実は審査基準には返済できるかどうかという項目も含まれていることがほとんどです。
    サービスを提供する側としては、お金を返してもらえる可能性が低い人にお金を貸したくありません。
    余計なトラブルを招いたり、取り立てに時間がかかったりする可能性があるので、確実に返済できる力がある人を優先的に審査に通します。
    特に大手の消費者金融になるほど審査が厳しくなりやすく、在籍している会社や収入によってはお金を貸すことができないと判断されてしまうでしょう。

    多くの場合は勤めている会社や年収などによって返済能力の判断を行いますが、
    他に借入している場所がないかどうかを問われるケースも多いです。

    たくさんのお金を稼ぐことができている人であったとしても、
    同じようにたくさんの場所から借り入れを行っているのであれば本当に返済することができるのかどうか怪しくなってきます。
    他の消費者金融での返済が済んでいないのに新たに借り入れようとしている場合も、
    返済能力がないと判断されかねないので注意が必要です。

    これら以外にも、過去にクレジットカードを利用した支払いの延滞がある人も問題視されやすいです。
    消費者金融は審査の際に申請者の延滞履歴を照合しているケースがほとんどであり、
    他のサービスで支払いが滞っている場合はお金を貸してもきちんと返してもらえないかもしれないという判断をします。

    口座にお金を入れ忘れたなどの事情で1回くらい延滞してしまった分には問題がありませんが、
    何度も延滞を繰り返している履歴が見つかれば審査で落とされる可能性が高いです。

    消費者金融で借り入れを行うときには、本当に返済できるかという点が審査基準の1つとなるので、
    希望金額よりも収入が大幅に少ない、他にもたくさん借入を行っている、
    延滞履歴がある場合などは要注意だと知っておきましょう。

    消費者金融で借入をする場合日雇いや派遣に対して審査基準が厳しい理由

    これから消費者金融でお金を借りようとする人は、少なくとも審査に通ることが必要です。
    多くの場合審査に通りますが、中には審査に通らずお金を借りることができない人がいるのも事実です。
    審査基準に関しては、金融機関によって若干異なるものの、概ね似たような基準を採用しています。

    具体的には、借り入れ金額に対してどれだけ収入があるかと言うことや、
    過去に債務整理を知っているかどうかといったことでしょう。

    これらの条件を1つでも満たさない場合は、審査に落ちてしまうことがほとんどです。
    借り入れをする場合でも、派遣社員や日雇いならば審査に通りにくくなります。

    その理由の1つは、安定した収入が見込めないからです。
    派遣社員も長期的に見た場合、1つの会社にずっといる事はありません。
    登録先にずっと在籍していたとしても、職場を転々とするためお金が入らないことも考えられるでしょう。

    そのため、安定した収入がないと判断され、借入をする場合でも審査に通りにくくなるわけです。
    日雇いの場合は、派遣よりもさらに条件が厳しくなることが多いです。日雇いは派遣以上に収入が安定していないためです。
    たまたまその日は仕事があったかもしれませんが、来月には仕事がなくなっている可能性が高いと言えるでしょう。
    そのため、返済できなくなる可能性を考慮すれば、自ずと借入自体が厳しくなると考えるべきです。

    このように、立場かによって審査が厳しくなることが考えられます。
    厳しい理由がその人の立場だったら場合でも、必ずしも審査に通らないわけではありません。
    審査に通りやすいパターンとは、借り入れ金額が少ない場合です。

    例えば、50,000円程度を借りる場合は派遣社員でも簡単に審査に通ると言えるでしょう。
    また日雇いの場合でも、30,000円位までならば簡単に借りることが可能です。
    概ね過去3ヶ月の収入を平均した金額を求めて、その5分の1未満ならば借り入れが可能と考えられます。

    風俗勤務や飲み屋勤務の人が消費者金融で借入を申請するときの審査基準が厳しい理由

    風俗勤務や飲み屋勤務の人の中にも、突然の出費でお金が必要になる人もいるはずです。
    しかしながら、いわゆる夜職の人たちは消費者金融での借入審査基準が厳しくなりやすい傾向があります。
    こういった仕事をしている人が融資を受けたいのであれば、まずは審査基準が厳しい理由を理解しておくことが大切です。

    消費者金融の審査では風俗勤務や飲み屋勤務であることを理由に全ての人を落としているわけではありません。
    夜職であったとしても、安定した収入があることが証明されていれば問題なく融資を行っています。
    審査が通りにくいとされている理由には、在籍確認が不可というものがあげられるでしょう。

    これは一般的な会社に勤めている人でも同じですが、在籍確認を実施できなければ審査で落とされる可能性が高いです。
    本当にその職場で働いているのかという確認が取れなければ、提示された収入が本当であるかどうか判断することができません。

    在籍確認が実施できる状況でも、収入が安定していない場合は問題です。
    風俗勤務や飲み屋勤務をしている人は、お客さんからの指名の多さや出勤数の多さなどによって収入が大きく変わってしまうので、とある月は稼ぎが良くてもとある月は稼ぎが悪いという状況であれば審査に通りにくいと言えます。

    ばらつきがある場合は融資後も同じように稼げるとは限らないと判断されやすいので、
    収入が少ない月を基準として今後の収入の予想を行い、借入希望額を少額にしておけば受かる確率がアップするでしょう。

    風俗勤務や飲み屋勤務では、お金をたくさん稼ぐことができる人もいます。
    その一方で、会社勤めをしている人よりもはるかに少ない収入しかない場合もあるでしょう。
    収入が安定しているかどうか、借入希望額に見合った年収が見込めるかどうか、
    在籍確認ができるかどうかなどが審査をクリアするためのポイントになります。

    こうしたポイントをクリアできない人が多いことから審査が厳しいと言われることが多いので、
    これらの審査基準をクリアできない場合は融資を受けることができないかもしれないと理解しておきましょう。

    年金受給者が本当に借入できるの?消費者金融の審査基準と借入

    一般的に年金受給者の方は高齢で働くことが難しく、
    お金を稼ぐ力がないと認識されていますが、消費者金融で借入できるの?と疑問を持つのではないでしょうか。

    消費者金融によっては年金を継続した安定している収入と見なし、
    審査基準を満たすことができるため借入れすることが可能ですが、
    消費者金融を選択する際は年齢の上限を重視する必要があります。

    大半は申し込みに関して年齢制限を設けており、
    一般的に満20歳から満69歳までとなるため70歳以上の高齢者の場合は利用するのは難しいと認識されていますが、
    80歳以上でも利用できる消費者金融も存在します。

    どのような消費者金融か興味をもつかもしれませんが、
    某通信販売企業のグループ企業や、年会費が永久無料で、
    カード盗難保険の契約をせずにコストを抑えている日本のクレジットカード会社の某グループ企業は年齢上限を80歳と定めました。

    1975年に設立された某通信販売会社のグループ企業は、年齢上限を85歳と定めています。限度額に関しては、
    某通信販売企業のグループ企業は300万円となり、審査については30分で結果を知ることができます。

    担保や保証人は必要ありません。日本のクレジットカード会社の某グループ企業の場合は500万円となりますが、
    インターネットからの申し込みが不安な場合は電話でのサポート体制が整えられており、
    電話で申し込みを行うことができるよう制度が整えられました。
    入院費等ですぐに費用な場合は、即日融資を受けることも可能です。

    1975年に設立された某通信販売会社のグループ企業の場合は100万円となり、担保や保証人を立てる必要はありません。
    フリーローンとなるため、用途に関係なく自由に使用することができますが、借入れは1度の契約で1回のみとなります。

    追加で借入れを行いたい場合、改めて申し込みを行い審査を受けなければなりませんが、
    85歳という高齢でも借り入れができるため安心することができるのではないでしょうか。